現在スタンダードになっているレビトラの個人輸入と通販

EDで悩む人に注目されている解決方法の一つがED治療薬です。
医薬品を服用する事によってその状態を改善する事を目的としています。
現在日本国内で取り扱いがあるのは3種類、中でもスタンダードとなっている物の一つがレビトラです。

レビトラの大きな特徴と言えば、小粒で溶けやすいという事です。
粒の大きさが小さければ、薬を服用するのが苦手だという人でもそれ程苦労せずに服用できます。
コップ1杯の水で飲めば大きめの錠剤を飲んだ時みたいに喉に引っかかった感じがすることもあまりありません。
またとても溶けやすい薬なので、速効性があります。
通常ED治療薬は性行為の45分から1時間ほど前に服用する必要がありますが、レビトラに関しては30分ほど前に服用すれば十分です。
だから、それ程タイミングを気にする事無く利用できるというのが魅力的だと言って良いでしょう。

レビトラを入手しようと思ったら、病院に行くか個人輸入をする事がスタンダードとなっています。
個人輸入と聞くと難しそうに感じるかもしれませんが、実際には輸入代行業者を利用するので、国内通販と同じ様に入手する事が可能です。
病院に行く必要もなく、勿論処方箋も要りません。
通販とほぼ同じなので、特別な資格が必要と言う訳ではなく、手軽に必要な量のレビトラを入手する事ができます。

ただ注意したいのは、スタンダードとなっている個人輸入は、厳密的に言えば通販とは似て非なるものだという事です。
また1回に注文するのは2カ月分まで、自分の使う分の薬を購するのがルールとなっています。
他の人が使いたい場合は、その人が自分で注文する様にしましょう。
またレビトラ自体は人気が有る薬なので、時には偽物が出回っている事が有ります。
個人輸入をする場合は、安心してお願い出来る正規品のみを扱っている業者に依頼します。

トップページへ